【活動報告】カップケーキづくり体験を実施/キッズぷれいすの子ども食堂

2020年12月21日キッズぷれいすの子ども食堂としてカップケーキ作りを実施しました。

ホットケーキミックスで土台となる生地作りをして、チョコレートを湯煎して溶かしトッピング。

あまり経験ないようでしたが大学生に教えてもらいながら一緒に楽しみながら作成しました。

丁寧に、上手に包丁を使って、細かく板チョコを砕いて行きました。

かなり細かくしてくれたので湯煎した時もあっという間に溶けて楽ができました。

湯煎したこともそうですが、チョコレートを溶かすという経験も今までやってことがなかったそうです。

女の子だとバレンタイチョコを手作りしていればこういった経験はあるかもしれませんが、男の子ばかりなのでかなり新鮮な作業だったようです。

カップケーキの生地にはホットケーキミックスを使用しました。

簡単で時間短縮にもなるのでかなりおすすめです。

それぞれが思い思いにトッピングをして、かなり個性的なカップケーキも出来上がりました。

自分の分だけではなく弟や妹、お母さんなど家族の分も作っていてとても優しい一面を見ることもできました。

最後はしっかりと洗い物もしてくれて片付けまで頑張ってくれました。

普段、自宅でお手伝いをしている子もそうでない子もこの機会をきっかけに家でもいろいろと挑戦して欲しいなと思います。

キッズぷれいすの子ども食堂について

生活困窮者向けの支援として子ども食堂が巷では増えていますが、私たちが行なっているキッズぷれいすの子ども食堂は、「まずはやってみる!」体験の機会として実施しています。

たくさんの体験をを自信に繋げ自己肯定感を育みます。見識を広げ多角的に物事を見られるようになって欲しいという願いと将来選択の一助になればと思い実施しております。

これまでの「キッズぷれいすの子ども食堂」